使って楽しい!誰でも簡単に電気代を節約!  
節電モニター「はやわかり」
リアルタイムで消費電力(金額)が表示されるので、何にどれくらい電気を使っているかが一目瞭然。「はやわかり」を机において家族みんなで節電すれば、高い電気代も簡単に節約可能。電気代がわかるって気持ちいい!
リアルタイムだから何にどれくらい電気を使っているかはやわかり。待機電力もはやわかり。
節電モニター「はやわかり」は、ブレーカーにセンサーを設置することで、家全体の消費電力を手元のモニターに表示させる商品です。モニターの表示は、消費電力(kWh)、消費金額(円)、CO2 排出量(kg)ごとに変更することができます。消費電流の変化を即時モニター画面に反映しているため、刻々と変化する電力量を見ながら楽しく節電(電気代の削減)を進められます。


開発の背景
当製品はイギリスで2007年に"OWL ENERGY MONITOR" として発売され、 スペイン、ポルトガル、ギリシア、フランス、スイス、ドイツ、ポーランド、ノルウェー、米国、カナダ、南ア、イスラエル、オーストラリアなど世界中で約100万台の販売実績を持つ製品です。節電モニター「はやわかり」は、OWL ENERGY MONITOR の生産・販売を手掛ける英国のツーセイブエナジー社と法政大学大学院発のベンチャーである株式会社Lean Energy が日本市場向けに共同開発した製品です。



節電(電気代の削減)に有効な理由
スマートメーターでは分からないことも分かる、使って便利な「はやわかり」。
節電モニター「はやわかり」は、消費電力の変化を即時、手元のモニターに表示させます。エアコンの設定温度をかえたり、照明を入切したりすることで、モニターの数値が刻々と変化するため、モニターを見れば何にどれくらい電力を使用しているか分かります。そのため、ご家族の節電意識を高めることができ、モニターをみながら楽しく節電することができます。英国オクスフォード大学の研究によると、消費電力を即時見える化することで、5%から15%の節電効果が実証されています。「はやわかり」は、お手頃な価格で販売されているため、節電だけで費用を回収することができます。また、電気代の値上げに伴い、電気代削減の切り札としてぜひご利用ください。 

(注)スマートメーターの測定間隔は電力会社によって異なります。詳細は各電力会社にお問い合わせください。

電力自由化にも対応、一番安い電力会社が見つかる
NHKでも取り上げられたウェブサービス「クラウドはやわかり」を使えば、各電力会社のどの電気料金メニューが一番安いかシミュレーションが可能です。電気料金メニューのシミュレーションができる電力モニターは「はやわかり」だけ。2016年4月から自由化が始まります。クラウドはやわかりを使って一番安い電力会社・料金メニューを見つければ、携帯電話のように電力会社も乗り換えできます。クラウドはやわかりの詳細はこちらをご参照ください。



無料の専用ソフトでグラフ化も可能
専用のソフトウェアをインストールして、「はやわかり」をパソコンに接続すれば、パソコンでの電力管理も可能になります。年、月、日、時、分ごとの消費電力をグラフ表示できる他、CSV ファイルでデータをエクスポートすることも可能です。専用ソフトはこちらから無料でダウンロード可能です。 


(注意)モニターとUSBケーブルを長時間接続すると、モニターの電池が発熱する場合があります。危険ですので、長時間の接続はご遠慮ください。

設置方法
設置の際は、必ずメインブレーカーをオフにして下さい。
1. 送信機とモニターを同期します。
2. ブレーカー2次側(下側)の黒と赤の線に電流センサーをはさみます。電流センサーは2つ同梱されています。
3. 電流センサーのケーブルを送信機に接続してください。送信機とモニター本体は直線距離で約8mまで離すことができます。
4. メインブレーカーをオンにすればモニターに消費電力が表示されます。


電力モニター/節電モニターで電力見える化  ← クリック!取付け早わかりページへ!

(取付上の注意点)
1. 電流センサーの大きさは、縦3cm x 横3cm x 長さ5cm 、直径は10mmとなっています。ご購入の前に、ブレーカー内に取付スペースがあるかご確認ください。
2. ブレーカーの2次側配線が銅板プレートになっていて、配線が見えないタイプのブレーカーは個人では設置ができません。ブレーカーの1次側(上側)の配線にセンサーを設置することで測定可能ですが、作業に危険がともなうため、電気店などに依頼するようお願いします。
3. 太陽光発電が設置されているご家庭では正しく測定できない場合があります。これは発電と消費で電気が流れる方向が違うためです。事前に太陽光発電設置業者にご相談ください
4. センサー設置の際は感電の恐れがあります。同封されている設置説明書をよく読んでから正しく作業をしてください。必ずメインブレーカーをオフにして、同封されているビニール手袋をつけて作業して下さい。ペースメーカーやICD 装着者の方は、絶対にブレーカーBOXへの取付けを行わないで下さい。

ご不明な点があれば、弊社のサポートチームまでご連絡ください。
メールアドレス:support@lean-energy.net
尚、以下のQRコードを利用すれば携帯からもメール送信が可能です。
見える化サポート窓口へメール

製品仕様

基本構成 モニター×1, 送信機×1, 標準電流センサー×2, 単三乾電池×6, USBケーブル×1,
電源 単三乾電池(モニター3本、送信機3本)標準で約6月使用 
設定可能電圧 AC100V~AC400V 
設置可能電流 1つのセンサーで最大71アンペア 
設置可能電圧 250V 
設置可能ケーブル径 直径10mm以下 
最少測定値 0.001アンペア 
表示分解能 0.07アンペア 
測定精度 約10%前後の誤差 
各表示内容 電力使用量、電気料金、二酸化炭素排出量、アンペア数、日付、時間、温度、電池残量警告
モード 標準(リアルタイム)、アベレージ(平均値)、ヒストリー(履歴)
電力単価 曜日と時間で最大6個まで料金(タリフ)設定が可能(基本料金と従量課金は設定不可)
データ更新 電流変動後平均6秒以内、無変動時は60秒ごとに更新
データ保存 累積データは1分単位で30日間、1日単位で約2年間分、古いデータから上書き
送信電波周波数 315MHz、微弱電波機器 
送信可能距離 直線距離で約5m~8m 
USB接続 「MONITOR + USB」ソフトウエアにてPCと接続 (長時間の接続は不可)
ソフトウェア OWL "MONITOR + USB" プログラム(日本語対応) 
対応OS WindowsXP, WindowsVista, Windows7, Windows Home Server 


動画を見る